太陽光発電投資の概要

太陽光発電投資について

太陽光発電投資について

太陽光発電投資とはどのようなものか、その概要についてご説明します。

最近郊外にて目にすることが多くなったのが産業用太陽光発電システムです。住宅用太陽光発電と比べて太陽光パネルの枚数が多いのが、この産業用太陽光発電システムの特徴です。設置場所としては宅地や雑種地の他、農地であった場所等あらゆる遊休地に及んでいます。広告宣伝も新聞紙面・インターネット・TVコマーシャル等でも頻繁になされるようになり、周辺からの口コミ情報も増えてきています。「何か太陽光発電はメリットがあるらしい。」「かなりな金額だと聞いたこともある。」云々と声は様々ですが、関心が高まっているのは事実のようです。

国の取り組みは?

太陽光発電等再生可能エネルギーについての固定価格買取制度はH24年7月1日に施行された「再生可能エネルギー特別措置法」に基づいてスタートしました。再生可能エネルギーの固定価格買取制度は、太陽光発電システムによる発電電力をその地域の電力会社が一定期間一定価格で買い取ることを国が約束する制度です。この電力会社が買い取る費用は電気の利用者全員から賦課金という形で集めることにより賄われています。調達価格(買取価格)や調達期間(買取期間)はシステム内容や事業開始年度によって異なりますが、調達期間内は同じ調達価格が継続されます。

メリットは?

実際のメリットは販売業者や設置状況及び工法等によって異なりますが、初期投資の回収期間としては大凡10年程度がもっとも多いようです。産業用太陽光発電の場合は、買取期間が20年となり住宅用の2倍となることから収益性がより高いと見ることが出来ます。